外国人「がんばれ!!」止まらぬ国葬反対の声。新橋で300人抗議集会。

_w850

国葬反対の訴え続く 東京・新橋で300人抗議集会「憤り伝えたい」
3連休初日の23日、安倍晋三元首相の国葬に反対する集会とデモ行進が東京・新橋周辺であった。時折、雨が降る中、約300人(主催者発表)が街頭で抗議の声をあげた。
デモに初めて参加した東京都台東区の主婦(64)は「安倍元首相と統一教会との関わりも究明しないまま、基準も法的根拠もはっきりしない国葬を強行することは政治の私物化ではないか。憤っている人がいることを伝えたくて参加した」と語った。
詳細↓
yahoo

続きを読む

海外「日本は世界の先を行っていた」 30年前にドイツを震撼させた日本車が海外で再び脚光

1989年(平成元年)から2006年(平成18年)にかけて、
トヨタ自動車から販売された高級セダン「セルシオ」。
日本国外では同社が展開する高級車ブランド、
「レクサス」から「LS400」としてデビューしています。
日本での販売価格は455万円から(当時クラウンが200万円台)。

当時アメリカでは、キャデラックなどの国内メーカーや、
ドイツのメーカーが高級車市場を独占していました。
一方の日本車は、あくまでもまだ、頑丈な大衆車扱い。
そういった状況を打破すべく「LS400」は開発されたのですが、
その並外れた静粛性や走行性能は世界に、
特に無双状態にあったドイツの高級車メーカーに対して、
突然のライバル出現という大きな衝撃と焦りを与える事になります
(多くの海外メーカーがLS400を解体分析しており、
 V8エンジンなどの面で大きな影響を与えたとされている)。

非常に高い性能が話題を呼び、セールス的にも大成功を収め、
1990年には北米だけで約4万3000台を販売。
1998年までベンツSクラスやBMW7シリーズの販売台数を上回り、
北米におけるステータスを完全に確立する事になります。

そして先日、海外の自動車雑誌「Wheels」が、
セルシオ(LS400)の特集記事を配信。
「日本が世界に衝撃を与え、高級セダン市場を永遠に変えた」
との見出しで、そのインパクトを紹介しています。

セルシオ(LS400)に対し、海外から様々な反応が。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「ありがとうホンダ!」 アメリカ社会を変えたスーパーカブが米国に再上陸

23_20220924141358b05.png

外国人「日本のアニメ史上最高のバトルといえば何だろう?」

スレッド「アニメ史上最高のバトルって何?」より。
1663885561438765
引用:4chan

(海外の反応)


1No infomation万国アノニマスさん 
アニメ史上最高のバトルって何?


2No infomation万国アノニマスさん
間違いなくこれは違うな
ボロ負けにされた時どこからともなくご都合主義の新能力を手に入れた場面だから


3No infomation万国アノニマスさん 

デジタル処理の今とは違って魂のある頃のワンピースだな

続きを読む

アメリカの警官、パトカーに女性を閉じ込めて列車と衝突させてしまう・・・ 海外の反応。

【米警官】踏切の中で停車したパトカーに逮捕した女性を乗せるも大変なことに・・・

列車が迫ってることに気付き警官だけ避難、パトカーに閉じ込められていた女性は重症か!?

海外「これは酷過ぎるだろ・・・どこにパトカーを止めてんだよ・・・」
USAPL


続きを読む